歯周病治療

歯周病は日本人が歯を失ってしまう原因第一位の病気です

歯周病は歯垢の中に生息する歯周病菌が原因で、歯ぐきに炎症を起こす病気です。
はじめこそ自覚症状はほとんどありませんが、次第に歯ぐきが腫れたり歯ぐきから血が出たりし、顎の骨が溶かされてしまうことで歯がグラグラし、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
日本人の成人のうち約8割が罹患している、もしくはその予備軍であるといわれており、歯を失ってしまう原因第一位なのです。

お子さんの虫歯予防処置

ブラッシング時に歯ぐきから出血がある
歯ぐきが腫れている
歯ぐきが赤く(紫色に)炎症を起こしている
歯ぐきから膿が出ている
歯ぐきが赤く(紫色に)変色している
口臭がきつくなった
起床時に口の中がネバネバして気持ち悪い
歯が長くなったように見える
歯ぐきがむずがゆい
歯がグラグラしている
食べ物が歯と歯の間に挟まりやすい

これらの症状にひとつでも心当たりがあれば、歯周病の可能性があります。歯周病は適切な処置でしっかり予防できるお口の病気です。
ちょっとしたことだからと軽く見ずに、お早めに当院へご相談ください。

歯周病の原因

歯周病の直接の原因は歯垢の中に生息する病原菌ですが、そのほかにも要因はさまざま。
次のような口腔内環境や生活習慣が歯周病に深く関係してきます。


歯周病を招きやすい危険因子

口腔内環境

歯並びの乱れ
ブラッシングしにくいことから歯周病菌の棲みつく歯垢がたまりやすくなります。矯正治療が必要になるケースも。

詰め物・被せ物の適合が悪い
詰め物・被せ物はどんなに品質がよいものを使っていても、適合が悪いと、そこへ歯垢がたまりやすくなるため注意が必要です。

口腔内環境を悪化させるクセ
口呼吸で口腔内が乾燥すると、細菌が増殖しやすくなります。また、歯ぎしりなど歯ぐきへの負担が強いクセがあると炎症が起こりやすくなります。


生活習慣

糖尿病など免疫疾患
生活習慣病である糖尿病があると、免疫力の低下から歯周病になりやすくなります。

食生活
やわらかい食べ物、甘い食べ物は歯垢を作りやすいため摂り過ぎに注意が必要です。

ストレス
人の免疫力をもっとも低下させるのが、ストレスです。また、ストレスが引き金となって、食生活や喫煙、歯ぎしりなど、悪い習慣につながることがあります。

喫煙
ニコチンには毛細血管を収縮させ血行を悪くするはたらきがあり、喫煙はそれだけで歯周病菌への抵抗力を弱めます。

歯周病と全身トラブル

近年の研究によって、歯周病はお口の中だけの問題ではなく、全身にトラブルを招くことがわかってきています。歯周病菌が誤って血管や気管へ入り込み、そこで炎症を起こすためです。
また、歯周病菌の出す毒素は、子宮に陣痛にも似た収縮を引き起こすため妊婦さんの注意が促されています。
歯周病菌が関係する全身トラブルには次のようなものがあります。

心筋梗塞、狭心症、動脈硬化
糖尿病
心内膜炎
誤嚥性肺炎
脳血管障害
早産・低体重児出産

歯周病の検査

歯周ポケット検査

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

歯の揺度検査

ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

当院の歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。
「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。その後、スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。
局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

当院の歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。
「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。その後、スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。
局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

再生療法

GTR法

溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる再生療法の一種です。歯ぐきを切開して歯石を取り除いてできた空間に特殊な膜「メンブレン」を挿入し、歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン法

GTRと同様に、溶かされた顎の骨や歯根膜などの組織を再生させる再生療法の一種です。「エムドゲインゲル」という薬剤を歯根の表面に塗ることで歯が生えるときと同じような状況をつくり出し、歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

診療メニュー

医院案内

医院案内
マンボウ歯科クリニックにお気軽にご相談ください。
【所在地】
〒245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地 森新ビル2F