インプラント

歯を失った歯を補う補綴(ほてつ)治療の中でも、比較的新しいのがインプラント治療です。これまでの入れ歯やブリッジといった治療法と比較した時に、多くのメリットがあるため注目されています。



インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋入し、上部に人工歯を取りつけて歯の本来の機能を回復する治療法です。人工歯根には、骨との結合がよい金属チタンが用いられます。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット

  • 天然歯のようにしっかり噛む力がよみがえる
  • 見た目に治療したことがわからないほど自然
  • 1本から独立して治療が可能
  • 健康な周囲の歯を傷つけない・負担にならない

デメリット

  • 外科的治療が必要なため、心臓病・高血圧・糖尿病などの全身疾患がある方は受けられない
  • 自費診療となるため高額
  • 治療期間が長く3ヶ月~1年ほどかかる
  • インプラントの咬合(かみ合わせ)が確立されていない
  • 口腔内清掃が不十分だと長くもたない

インプラント治療の流れ

Step 1:

カウンセリング

インプラント治療をご希望の方にインプラント治療についてご説明します。また、治療が可能かどうか、治療についてのご要望などがあればじっくりお伺いします。

Step 2:

検査・シミュレーション

レントゲンやCTなど、治療に必要なお口のデータを採取します。検査結果から安全にインプラントが埋入できる角度や位置など、専用ソフトを使ってシミュレーションします。

Step 3:

インフォームドコンセント(説明と同意)

検査結果から導かれた治療内容についてご説明します。患者様にご理解いただき、同意が得られてから治療に入ります。

Step 4:

インプラントの埋入

局部麻酔を行い、顎の骨にチタン製のインプラントを埋め込みます。これが、新しい歯の土台となります。
埋入時には、患者様の顎やお口のデータから計算して作られたガイドを用い、精確に埋入を行います。

Step 5:

骨との結合を待つ期間

インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。
顎の骨の状態など、さまざまな条件によって治癒期間は異なりますが、通常5~10週間ほどです。この間は、仮の義歯を使用できます。

Step 6:

アバットメント連結

顎の骨とインプラントの結合が確認できたら、連結部にあたるアバットメントを取りつけます。その後、再度治癒期間を設けます(個人差はありますが1~6週間です)。

Step 7:

人工歯の装着

アバットメントに人工歯を装着します。人工歯には、セラミックなどの透明感のある美しさを持つ素材が用いられます。
色調を周囲の歯の色に近づけることができるため見た目が自然で、治療をしたことがわからないほどです。

Step 8:

インプラントの埋入

治療後は、インプラント歯周炎(歯周病に似たインプラント特有の病気)に注意が必要です。そのため、定期的に歯科医院でのメンテナンスが必要。十分にメンテナンスができていれば、何十年も使用できるのです。毎日のホームケアと歯科医院での定期健診で末永くインプラントを維持しましょう。

当院の安心・安全なインプラント治療への取り組み

当院では、安心・安全なインプラント治療のために、さまざまな取り組みを行っています。

CTの活用

安全なインプラント治療のためには、検査時にしっかりとデータを取得し、正確な診断を行うことが重要となります。
当院では、CT撮影によって歯や顎の骨、神経や血管の位置を3D画像で正確に把握しています。

iCAT

CT撮影で得た3D画像をコンピュータに取り込み、モニター上でシミュレーションを行います。

サージカルガイド

シミュレーションで得た結果を反映した患者様ごとのサージカルガイドを作製することで、間違いのないインプラントの埋入を行います。

生体用モニター

埋入手術時に生体モニターを導入し、万が一の事態に備えています。

アストラテック社のインプラントを採用しています

現在、数多くのインプラントメーカーが登場しているなか、当院では世界的シェアを持つアストラテック社のインプラントを採用しています。
アストラテック社のインプラントは、歯科先進国でありインプラントの発祥地であるスウェーデンを中心に、世界各国で採用されている信頼のインプラントです。純チタンを使用し、厳格な基準をもって製造・管理されており、インプラントと骨との結合率は99.5%を誇っています。
当院でも、この骨との吸着が大変よいことを理由に採用しています。

アフターケアについて

インプラントには、天然歯とは異なり衝撃のクッションとなる歯根膜がありません。そのため、噛む力が極端にかかりすぎてトラブルが生じることがあります。
また、虫歯になることはありませんが、インプラント周囲炎になる可能性はあります。歯周病になると、せっかくのインプラントを失ってしまうことにもなりかねません。
適切なメンテナンスと予防を受け、いつまでもしっかり噛めるインプラントを健康的に維持しましょう。

当院では、インプラント治療1~2週間後に、ネジの締まり具合、歯ぐきの状態、噛み合わせをチェックするために定期健診の受診をおすすめしています。
その後は、6週間後、半年後、一年後と経過を診ていくアフターケアを、患者様に合わせてご提案しています。

診療メニュー

医院案内

医院案内
マンボウ歯科クリニックにお気軽にご相談ください。
【所在地】
〒245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地 森新ビル2F