小児歯科

お子様の乳歯は成長過程でいずれ永久歯へと生え替わりますが、だからと言って乳歯の虫歯をそのまま放置していれば、生え替わったあとの永久歯に悪影響を与える恐れがあります。
当院ではお子様の生涯にわたる健康な歯を守っていくため、お子様のお口のメンテナンスをサポートし、1人ひとりに最適な予防プログラムをご提供いたします。歯科医院と親御さまとで協力し合い、しっかりとお口の予防管理を行っていきましょう。

乳歯はどうやって永久歯へ生え変わるの?

実は、お母さんが妊娠2~3ヶ月を迎える時期から、赤ちゃんの乳歯の芽(歯胚)は少しずつ形成され始めます。そして、赤ちゃんが生まれて6ヶ月が経つころには最初の乳歯が生え始めます。
個人差はありますが、お子様が3歳になるころにはほぼ全ての乳歯 (全部で20本)が生え揃い、そこからさらに4~6ヶ月で乳歯は石灰化し始めます。また、顎の骨も少しずつ成長し、永久歯へと生え替わっていくのです。

お子様が6歳ほどになると、顎の一番奥に「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。6歳臼歯は永久歯のなかで一番大きく、他の歯と比べて噛む力も強力です。
その一方で、顎の一番奥に生えてくることから親御様に見過ごされやすい特徴も持っており、ブラッシングが不十分になりやすいため、虫歯になりやすい傾向があります。

6歳臼歯を虫歯にしないためにも、歯科医院でのメンテナンスとご自宅での適切な予防ケアが重要です。

お子様の歯はとてもデリケート!乳歯の特徴

乳歯は永久歯と比べてとてもデリケートです。
例えば、乳歯は永久歯よりもエナメル質や象牙質が薄いため虫歯になりやすく、また一度虫歯になると症状の進行も早い傾向があります。さらに、乳歯は歯の中に占める歯随(歯の神経) の割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷める恐れもあるのです。
生え替わったあとの永久歯を大切にするためにも、しっかりと定期的なメンテナンスと日々のケアを重ねて乳歯を守っていくことが大切です。

お子さんの虫歯予防処置

  • 1.シーラント

    お子さんの奥歯にある深くて複雑な形をした溝を、あらかじめ歯科用プラスチックで埋める処置がシーラントです。食べかすの侵入を防ぎ、ブラッシングもしやすくなるため虫歯予防に効果的です。
    歯科用プラスチックは摩耗しますので、効果が十分に発揮できているか、定期的にチェックすることが大切です。

  • 2.ブラッシング指導

    お子さんのお口に合った理想的なブラッシング方法について指導します。また、自分でしっかり汚れが落とせるようになる小学校~中学年くらいまでは、親御さんのサポートが欠かせません。
    当院では、お子さんにブラッシングの大切さや適切なみがき方をお教えするだけでなく、親御さんの仕上げみがきについてもアドバイスしています。

  • 3.フッ素塗布

    歯の表面には硬いエナメル質という層がありますが、虫歯菌の出す酸に弱く、ここが溶かされることから虫歯が始まります。
    フッ素塗布は、歯質を強化しエナメル質の再石灰化を促すフッ素を歯の表面に直接塗る処置。繰り返し塗ることが効果的です。
    当院では、よりフッ素の吸収をよくするイオン導入器を使用しています。

  • 4.過剰歯の抜歯

    本来生えてくる本数より多く、乳歯でも永久歯でもない歯が生えてくることがあります。これを「過剰歯」といいますが、多くの場合、周囲の歯を圧迫して歯列を乱したり、ブラッシングしにくいことから虫歯を招いたりしてしまいます。
    当院では、過剰歯の抜歯を適切な時期に(お子さんの年齢や発達段階に合わせて)行っています。

  • 5.小児矯正

    矯正治療は大人になってからでも十分可能ですが、よりスピーディーで効果的に治療するなら、成長期である小学生~中学生の間が理想的といえます。成長に合わせて治療を行うことで、理想的な歯の位置へ導く力も比較的少なくすみ、痛みも少なくすみます。
    当院院長は、矯正治療に専門的に携わっていた経験もありますので、お子さんの歯並びのことで気になることがあれば、安心しておまかせください。
    当院の矯正治療について詳しく見る>>

診療メニュー

医院案内

医院案内
マンボウ歯科クリニックにお気軽にご相談ください。
【所在地】
〒245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地 森新ビル2F