医院案内

院内ツアー

設備紹介はこちら 

私たちは『患者様の負担を最小限におさえた治療』を実現いたします

当院では、歯科治療の場面で考えられる患者様の負担(ダメージ)には、次の3つの要因があると考えています。
✔歯を失ったり、削ったりする身体の負担
✔痛みや恐怖心などの心の負担

これらの負担について当院では、患者様の負担を軽減するための様々な工夫を行っています。
コンセプトとしている「できるだけ削らない、痛くない、歯を残す治療」について、具体的にご説明します。

1.できるだけ削らない治療

歯を削る治療をすると、削った部分は二度と元に戻すことはできません。どんなに高品質な素材を装着しても、それは同じことです。接合面がある限り、そこへ虫歯菌が侵入する可能性は捨てきれないのです。
当院では、ダイアグノデントや「う蝕検知液」の使用による客観的な虫歯の検査や、レーザーを使った虫歯の局所的な治療などを行うほか、ことで、できるだけ削らない・削る範囲を小さくする治療を実現しています。



2.できるだけ痛くない治療

歯医者が苦手という方にその理由とたずねると、痛みに弱いから、治療で痛い経験をしたことがあるからといった声をお聞きします。
実際、虫歯や歯周病の進行が進んでいるほど、大がかりな処置が必要となり治療時に痛みが生じます。
通常、そういった場合には麻酔を施しますが、その麻酔時の痛みも苦手という方は少なくありません。
当院では、麻酔時の痛みも感じさせない工夫(表面麻酔・電動麻酔器の使用)を行っておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。



3.できるだけ歯を残す治療

抜歯はお口の中に悪影響を及ぼす要因を取り除く方法のあくまで一つです。しかし、1本でも抜歯すると、歯列のバランスが崩れるといったリスクが伴います。
どうしても抜歯が必要な場合には、インプラントや入れ歯といった補綴(ほてつ)治療によって歯の機能を補いますが、技術の発達によって目覚しい品質の向上はあるもののやはり天然歯にかなうものではありません。
当院では、虫歯によって歯を失いかけた場合には、ご自身の歯の根をできる限り残す根管治療を強くおすすめしています。
慎重さが求められるため何度も通院いただくなど、患者様自身にも根気が必要な治療ですが、最後まであきらめずにご自身の歯を残すようにしましょう。

究極の削らない、痛くない、歯を残す“治療”

上記の「削らない、痛くない、歯を残す治療」は、実際に痛みなど症状が出てから行うものですが、やはり「治療」ということで何かしらダメージを与えてしまいます。
そこで、ダメージをまったく与えることのない“治療”、それが予防歯科です。
そもそも病気が起こらなければ治療は必要とされず、削る必要も、痛みが生じることも、歯を残すか残さないかの選択も不要なのです。
当院ではマイナスの状況をゼロに近づける「治療」だけではなく、口腔内環境を維持することでマイナスを回避する「予防」にも重点を置いています。
予防歯科では、定期健診での口腔内の変化のチェック、プロによる歯のクリーニングを受けていただくことにより、病気を未然に防ぎます。
トラブル知らずのお口をキープするためにも、ぜひお気軽に当院の予防歯科をご利用ください。

当院の予防歯科を詳しく見る 

診療メニュー

医院案内

医院案内
マンボウ歯科クリニックにお気軽にご相談ください。
【所在地】
〒245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地 森新ビル2F