根管治療

できる限り自分の歯を残すための治療~根管治療~

虫歯がひどくなると大きく歯が溶かされ、歯の内部の歯髄(血管や神経)まで虫歯菌に汚染されてしまいます。こうなると、放っておけば歯を抜くしか方法はなくなります。
そこで、抜歯を避けるために行うのが「根管治療」です。

歯の内部にある、歯髄が入っている部分を「根管」といいます。
根管治療とは、根管まで虫歯に汚染されたとき、内部をきれいに洗浄・消毒し、歯をできるだけ残す治療のことです。本来なら抜歯が必要である状況でも、根管治療によってご自分の歯を残せる可能性が高まるのです。

根管治療の大切さ

根管治療は、きちんと行われなければ、被せ物をした後に虫歯が内部で再発する危険性があります。虫歯が再発してしまうと神経がないために気づくのが遅れ、歯の根が膿み、結果として抜歯することになりかねません。
とはいえ、根管内は深く複雑な形状をしており、肉眼で確認することはできないため、高い技術が必要とされます。当院では十分な設備を用意し、経験豊富な歯科医師が処置にあたりますので安心しておまかせください。

根管治療が必要となる症状

当院では、主に下記の症状をお持ちの患者様へ根管治療を提供しています。

  • 虫歯が神経に達して激しい痛みが生じている

    虫歯が根管内の神経にまで進行した場合、「痛む」「しみる」などの症状が現れます。この痛みを取るため、麻酔をして神経を取り除く治療を行います。

  • 根管内の神経が死んでしまっている

    歯をぶつけたり、虫歯が進行して神経まで達すると、根管内にある神経が死んでしまう場合があります。根管の中で神経が腐ると細菌が発生し、歯の根に細菌が到達すれば咀嚼時に痛みを感じるようになります。この痛みを取り除くため、根管治療によって死んだ神経を取り除きます。

  • 根管や根の先端に膿が溜まって痛みや腫れがある

    すでに根管治療を行った歯の根管や根の先端に、繰り返し細菌が感染して膿がたまることがあります。膿がたまると歯肉に痛みや腫れを引き起こし、頬まで大きく腫れる場合があります。こうしたケースでは、根管に詰めた薬を一度取り除き、溜まった膿を出してから、根管や根の先端を再度キレイに消毒する治療を行います。

根管治療の流れ

  • STEP1.

    歯の内部の虫歯に汚染された部分を取り除き、内部まできれいに掃除します

  • STEP2.

    根管内を削って形を整え、歯の根の長さを測定します

  • STEP3.

    根管内部に薬剤を入れて消毒します

  • STEP4.

    消毒後、薬を隙間なく詰めて再発を予防します

  • STEP5.

    歯の土台(芯)を入れます

  • STEP6.

    被せ物(クラウン)を装着し、歯の機能を回復させます

被せ物(クラウン)に精度だけでなく審美性も求められる時代です

根管治療では、消毒や薬剤の充填だけでなく、最後に装着する被せ物(クラウン)自体にも高い技術力が必要とされます。ぴったりと適合した被せ物でなければ歯との間に隙間が生じ、そこから虫歯菌が侵入して虫歯が再発してしまうのです。
当院ではこういったトラブルを避けるために、精度の高い歯科技工物の製作を行っております。

また、一般的な虫歯治療の場合、保険が適用されることで被せ物は基本的に金属製、いわゆる銀歯になります。しかし、銀歯の場合目立つことは避けられません。
当院では、審美性が高い審美素材のご提案も行っておりますので、銀歯の見た目が気になるという方は、お気軽にご相談ください。

当院の審美治療を詳しく見る>>

診療メニュー

医院案内

医院案内
マンボウ歯科クリニックにお気軽にご相談ください。
【所在地】
〒245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町426番地 森新ビル2F